indoorokan’s diary

インドアおかんの雑記帳

【2022年入学】黒川鞄ランドセル展示会に参加。ラン活はじめました

 

長男が来年の4月に小学生になります。

 

噂には聞いていたランドセル探し。

 

ラン活

 

男の子だし刺繍とかもいらんし、オーソドックスな黒でいいでしょ。

背負い心地?一緒一緒!

 

 

なんてちょっと前まで思っていたけど、、

周りのお友達家族が動き始めるのを見て、

とりあえず重い腰をあげてみました。

 

工房系のカタログ資料請求や、展示会をいくつか予約。

早速、黒川鞄のランドセル展示会にも参加してきました。

 

始めたばかりですが、現状をレポートです。

 

 

 

 

ラン活はじめました

 

工房系のカタログ資料請求

資料請求したのは5つの工房。

 

  • 黒川鞄
  • 池田屋
  • 土屋鞄
  • 中村鞄
  • 鞄工房山本

 

f:id:indoorokan:20210308081513j:image

 

黒川はまだ届いていません。

2020年9月から資料請求開始していて、請求順に順次発送とのこと。

2月中旬に請求したのですが3月に入った現在もまだ届いていません。

 

そして、2021年3月5日にカタログ資料請求の受付は終了したとのメールが!!

昨年も5月にはランドセル自体完売したとのこと、手作りで生産数が限定されているといえど、すごいスピードですね?!

 

今、電子版カタログを準備中とのことです。

 

 

ひとまず、届いたカタログを開いてみる。

 

ウーン、、差がワカラナイ。。

かろうじて革見本でついてきたコードバン=馬の革(高級)がツルツルということくらいは判別可能。

 

さて。ここからどうすれば、、

 

とりあえず、展示会。だな。

 

黒川鞄の展示会に参加

 

ランドセル展示会の雰囲気

3月に入って開催された展示会に参加してきました。

2月中旬にラン活先輩(ママ友)が、展示会の申し込み始まったよ。と教えてくれて予約しました。

数日後に見たら、全部満席。

おそるべし、ラン活。。

 

ホテルが会場です。

 

入るなり、人多っっ!

 

f:id:indoorokan:20210310082030j:image

 

ラン活先輩いわく、ほかの工房の展示会では一家族一人スタッフさんがついてくれて、細かく説明してくれた、とのことだったので、少し期待してたんですが、黒川さんは各自で好きにランドセルを触ったりできるフリースタイルでした。

 

初試し背負い

スタッフさんも見当たらないないな…

とりあえず見てみようと、比較的空いてる方へ。

 

空いてる方は、コードバンランドセルのコーナーでした。高いやつです。

 

うひゃー高いぃー

 

機会もないので、試しに背負わせてみる。

 

f:id:indoorokan:20210313235255j:image

↑13万くらい。ひぇ

 

 

黒川鞄の特筆すべき機能

黒川鞄のウリは

 

はばたく®️ランドセル

 

www.kurokawa-kaban.com

 

 

 

f:id:indoorokan:20210313235723j:image

www.kurokawa-kaban.com

 

肩ベルトが立ち上がってることで、身体にフィットする作りになっています。

 

本革だと人工皮革より100g~300gくらい重量が重くなるのですが、身体によりフィットさせることで、体感を軽くさせることができるようです。

 

初背負いですが、明らかにフィットしてるのがわかる!!

 

 

途中、中央らへんで囲まれてるスタッフさん発見。

特に質問とかないので←準備不足。笑

盗み聞き。

 

背中のクッションの形の違いを説明してくれてました。

真ん中の窪みで空気を逃し蒸れにくくするとのこと。

 

f:id:indoorokan:20210314000532j:image

U型とO型の違いも説明してくれてましたが、聞き逃しました。笑

 

ビッグとビッグライトの違い

黒川さんはシリーズが何種類かあり、名前からは違いが分かりにくい。

 

f:id:indoorokan:20210314000911j:image

↑分かりやすいようで具体的な違いが分かりにくい。。

 

 

スタッフさんが、ビッグとビッグライトの差を教えてくれました。

軽量化されたのがビッグライト。

 

まずは、内装がビッグは馬革、ビッグライトは人工皮革のちがい(人工皮革の方が軽い)

 

あと、ビッグライトは同サイズで軽量化するために、外装にビッグとは異なる牛革を使用。

好みの問題ではあるけど、ビッグの方が革の質感はより重厚。

 

とのこと。

 

分かりますか?

f:id:indoorokan:20210314001522j:image

 

左がビッグ 右がビッグライトです。

 

同じカラーでたしかに違う気がする。

 

工夫をすることで、ビッグの良さを残しながら軽量化を実現したのがビッグライトなんですね。

 

勉強なりました。

 

ワイドとビッグの違い

他に、ワイドというシリーズもあります。

 

ワイドとビッグ(ライト)の違うところは、

 

まずは、ワイドにはへりがないこと。

へりとは、

 

f:id:indoorokan:20210314003916j:image

www.kurokawa-kaban.com

 

f:id:indoorokan:20210314003920j:image

www.kurokawa-kaban.com

 

へりがないと、見た目がコンパクトになります。(ワイド)

一方、へりがあると、大きく見えますが、本体を守ってくれるので、その分衝撃に強くなります。乱暴に扱う(特に男の子)にもってこいです。(ビッグ)

 

あとは、本体ポケットの大きさは一緒で、サブポケットの大きさが違います。ビッグのほうが大きいのでサブポケットに厚みのあるペンケースなどを入れることができます。

 

f:id:indoorokan:20210314004953j:image

www.kurokawa-kaban.com

 

黒川さんだけでも、シリーズによってこんなに特徴が違うものなのか。。

 

黒川鞄のホームページにも違いの記載があります↓

www.kurokawa-kaban.com

 

重要視ポイントを整理

 

黒川さんの展示会になんにも知識を持たずに参加しましたが、おかげでわたしのなかで重要視したいな。と思うポイントが分かりました。

 

  1. 容量はとにかく大きく
  2. 肩ベルトは牛革
  3. 装飾はなるべくシンプル

 

この3つです。

 

1.容量はとにかく大きく

→ここ数年で教材の大きさ、量ともに一気に大きくなったようです。ランドセルに入りきらない荷物は手提げバッグなどで持ち歩く必要がでてくるので、できるだけ手を塞がないためには、容量は大きいほうがいい。と考えています。

 

 

2.肩ベルトは牛革

→肩ベルトが牛革だと、人工皮革に比べて身体に馴染みやすくなり、より負担が軽減するそうです。

軽さを重視する場合、本体は人工皮革が選択肢に入りますが、肩ベルト部分については牛革を使用したランドセルを選びたい。

 

3.装飾はなるべくシンプル

これは完全に好みの問題ですが…

刺繍や柄モノ、派手な色を選んだ結果、高学年になって、本人にこんなのイヤだ!ダサい!とか言われるのだけは避けたい。。

高い買い物やし!!!(*_*)

 

 

親目線の感想

今回、黒川鞄のランドセル展示会に参加したわけですが。

正直…めちゃめちゃ気に入りました!!!笑

もはや、黒川鞄でいいのでは、とすら思っています。

 

社長の圧がすごいから苦手、という声もママ友からはチラホラ聞こえてくるんですが(メルマガとかホームページ動画を見れば分かっていただけるかと。笑)、重要視ポイントは全て満たしているのはもちろん、何より製品への自信と想いが伝わってくるんですよね。

 

あくまで、親目線ですが。笑

 

子供が6年間使うものだし、最後は本人が気に入るのが1番大事。とは分かりつつも、できるだけ、身体の負担が少なく、そして卒業まで大事に使ってもらえるものを選びたいと思います。

 

早く決めちゃいたい〜