indoorokan’s diary

インドアおかんの雑記帳

毎日「保育園行きたくない」と泣いていた息子を勇気づけてくれたアニメキャラ

f:id:indoorokan:20190503010636j:plain


4月から、我が子が新しい保育園に通い始めました。
1ヶ月がたち、やっと泣くこともなくなり笑顔で登園してくれるようになりましたが。

最初のうちは毎日号泣、号泣。
初めて保育園に通いはじめた次男はまぁしょうがないとして、長男も「保育園行きたくない」と泣く毎日。実は長男は3月に小規模保育園を卒園し、4月に本園へ転園したんです。

毎朝泣いて泣いて数日たったとき、「どうして行きたくないの?」と聞いてみました。

 

しばらく黙ったあと小さい声で理由を教えてくれました。

『おもちゃでね、あそべないの。おともだちがたくさんいるからあそべなかったんだ』

『きょうもね、おともだちがじゃましてきてあそべなかったんだ。おうちでママとあそびたいな。ママとたくさんあそびたい』

急に大人数保育になったのもあり、今までと勝手が変わり、なかなか馴染めないようでした。

たしかに、夕方お迎えにいくと毎日同じメンバーで団子になって遊んでる。
新しいお友達ではなく、一緒に本園に転園した小規模保育園からのお友達ばかりです。

3歳だし男の子だし、すぐに新しいお友達もできるでしょ♪なんて親は気楽に考えていたのですが、実際はそう簡単ではないようです。
難しい言葉はまだ話せないので、「おもちゃであそべない」っていう言葉で精一杯表現していて、きっとお友達との関係や慣れないルールに戸惑っているんだろうな、と感じました。


元々保育園は好きな子だったので、毎朝泣いて「行きたくない」と言っている姿を見て心折れそうな状況がしばらく続いていたんですが、この我が家の保育園危機を、あるアニメのキャラクターが救ってくれました。



そのキャラクターは・・・


 

みんなのヒーロー アンパンマン

 

 



のスーパーサブキャラ、カレーパンマン!!

 

f:id:indoorokan:20190502030719p:plain


一見高圧的で怖いけど、本当は心優しい男気あふれるいいヤツ。

 

そんなカレーパンマンが活躍する映画があるのを知っていますか?


2017年に公開された「ブルブルの宝探し大冒険!」という映画です。

anpan-movie.com

 

宝探し一族の男の子ブルブルと、アンパンマンたちが一緒に宝探しにでかけます。途中、カレーパンマンとブルブルは2人で進んでいくことに。様々な困難にぶち当たるなかで、弱虫で怖がりでダメダメなブルブルにカレーパンマンがかける言葉が、もう、ほんとに最高で。

怖がりのブルブル「どうしてカレーパンマンは怖くないの?」
カレーパンマン『さぁ、わからねぇな。でも、やってみないと前に進まないもんな』


このセリフ。最初聞いたときは、「ちょ、ちょい、カレーパンマンかっこよすぎじゃない?!笑」 と若干笑ってました。
が、何度も観てるうちに「カレーパンマン、めっちゃいいこと言うやん!!」に変わり、男気あふれるカレーパンマンの虜に♡。

 
ある朝、相変わらず泣いてる長男に、ふと、このカレーパンマンのセリフで励ましてみたんです。
『ほら、カレーパンマンなんて言ってた?やってみないと前に進めないもんなって言うてたやん。だから今日はがんばっておともだちに「おもちゃかして」「いっしょにあそぼ」って言ってみようか?


最初は「いやだ、したくない」と返事してきた長男でしたが、声をかけ続けて3日目くらいから変化が。お迎えにいったら笑いながら遊んでる・・・!
その日お風呂で「きょうはねK男君(新しいおともだちの名前)とあそんだんだー」っと少し楽しそうに話してくれました。

 


そして次の日の朝、長男が自分から「やってみないとまえにすすめないもんな!」っと誇らしげに言い始めたんです!!!!!

 


え、なに、どうしたの?!と母は一瞬戸惑いましたが、どうもカレーパンマンのセリフで自分を勇気づけているようでした。

まだまだ小さな3歳。そう思っていた長男が一生懸命自分で乗り越えようとしている姿を見て

 


・・・泣きそう。ていうか泣いた(;;) 


 

それから数日は、泣いたり笑顔になったりを繰り返していましたが、4月の終わりには「はやく保育園いきたーーーい。ママはやく準備してーー」と言ってくれるようにもなりました。


カレーパンマンに深く深く感謝。


いよいよゴールデンウィーク明けたら私も本格的に職場復帰。
カレーパンマンに励まされたブルブルのように、私は息子に励まされました。

息子も頑張ってる。私も頑張らねば!!!